福岡県以外

九記何師傅燒臘便當

CIMG0909.jpg

九記何師傅燒臘便當
台北市中山區吉林路124號 map


麺:平 スープ:餡ダシ
価格:130TWD=475円

 実は有名店だったらしい

★★★★★

CIMG0899.jpg

台北をうろうろ。
うろうろつっても基本、徒歩なんで うろうろエリアはせまい。
せまいんだけどこの街は目に入ってくるものがすべておもしろい。






CIMG0903.jpg

お! なんかあった!
やたら歩くからすぐおなかすく。








CIMG0901.jpg

飴色がぶら下がってる!
飴色天国やーん!






CIMG0902.jpg

メニュー見てもよくわからない。
麺のエリアに焼鴨的文字は無い。

俺はこれとこれを食いたいのよ。

 うん わかった。 好きな席に座りな。

好きな席でいいの?
 
 あぁいいさ。

んじゃあそこ! 


 と外の席を指差す。

こっちもつたないなら あっちもつたない英語で
でも だからこそ気持ちが分かり合える。
これがアジアの楽しさだと思うんですよね。
まあ英語なんか通じなくてもなんとかなるけど。(緊急事態以外)





CIMG0910.jpg

麺。 
もうね この見た目だけでもいい感じ。
野菜たっぷりで体に良さそう。






CIMG0906.jpg

焼鴨!
うはー こうやって皿に並べられると これまたヤバいねw







CIMG0908.jpg

味? 見た目どおりのヤバさw
皮がカリッって。そんで身がじぅって。
奥歯でぐいって。味がじゅんわりって。
濃すぎず薄すぎず 意外にさっぱりとした味わいで 
まー すばらしいこと! 







CIMG0912.jpg

これでもかってくらい平たい麺。
ずぼずぼずぼって音が楽しい。
麺自体の味は無いんだけど ふわっとした口当たりで
この種の麺は初めて。






CIMG0911.jpg

全粒粉的な色めと だけどふわりとした食感。
微量の味が練りこまれているようないないような。
これ不思議でおいしい。
日本のお店がどこか使ってないのかな。






CIMG0913.jpg

ちょっと餡でとろっとしたスープ。
ダシのあじわいがふんわりひろがって なんとうまい。






CIMG0914.jpg

そりゃね 中華な人たちだからね
火加減は当たり前のようにちょうどいい。
野菜の食感を損なわず 味は引き出す。
その炒め加減は絶。





CIMG0916.jpg

鴨+野菜+麺=至福。

うまいか?

 うまいよ! ハンハオチーだ!

そうか! それはよかったw

 うん ベリーハンハオチーマッチだ!

わかったwわかったw







CIMG0920.jpg

麺と街と人。
これが俺が台湾とベトナムに行きたかった理由。
中華航空が福岡→台北→ホーチミンって路線を開いたときに
もうこれしかない!と思って数年来。
やーっと夢がかなった喜び。
中華航空ありがとう。





CIMG0918.jpg

ところで 130TWD払ったんで 
こんなとこ指差して写真とってみたんだけど
「牛」とか書いてあるし ぜったい違うよねw
もし台北あたりの人で この記事読んでくれた人がいるならば
この麺の名前と価格を教えていただけませんか?
あとお店の名前の読み方もw まったく読めねぇw
やっぱメモは取っておくべきだなぁ。


 
関連記事

0コメント

コメントの投稿

mecicolle-J

Inastagram

ADV2
SpinOff
カテゴリ
最新記事
my RSS-8
Links
最新コメント
ヨンマルファンク
ラーメン検索
ADV
gremz
ADV-n
月別アーカイブ
Inazuma Johnny
メンブリッジ大学 准教授 InazumaJohnny
2010年メンブリッジ大学卒
元メンブリッジ大准教授
RSS