博多大将 - 福岡ラーメンブログ since2005

福岡・博多のラーメンを手当たり次第に食ってます。
MENU
城南区

【新店】 たんたんめんぞう 城南区神松寺

DSC_5524.jpg

たんたんめんぞう map

 担々麺の新店が出来たというので行ってみた。
 メニューはなんと 担々麺しか無いと聞いた。
 よっぽど自信があるんやろ。そうなんやろ。そうに違いない。
 

 
 



DSC_5522.jpg

 あ あと 白ご飯もあるという。
 あ あと お冷もあるという。






DSC_5526.jpg

たんたんめん 780円
たんたんめん+白ご飯 780円
学生たんたんめん 500円(だが中身は同じ)

よし!受験しよう! 学生になろう!
(実はリアルに大学生になりたい俺)







DSC_5527.jpg

なーんか 来たことある感
なーんか 見たことある風景

いやぁ 俺のカンチガイだろ。きっと。
いわゆる既視現象



ここが
この店のたんたんめんがうまいことは
もう何人かに聞いた。直接聞いた。
いわゆる「クチコミ」

そして俺は今回は
WEB上の 各種SNSの 写真や評判を一切見ずに来た。(いやいつもそうではあるんだがw)
すごく期待して来た。むちゃくちゃ期待して来た。
そりゃもうきっとTKO34th並の衝撃を喰らうはずだと。

担々麺は門外漢。
いや食ったことないわけじゃないし 嫌いなわけでもない。
担々麺が提供される店に行くと 
それ以外の麺も提供されている場合がほとんどで
そっちを選んでしまうという事。

だがこのメニュー構成では 他の選択肢は無い。
店に入って一言も発しなかったとしても
目の前には担々麺がやってくるのだろう。
はっ! 長浜屋システムじゃないか!









DSC_5529.jpg

そんなことよりもっと強く感じる「この液体では無い感」(これはお冷)
なぜだろう? 強烈に焼酎を欲する俺がいる。
























たんたんめんぞう

意表を突かれた。

俺が知ってる担々麺とはまったく違う
もっとこう 赤くて肉粒がもりもりっと・・・
冷たい麺なのか?と勘違いさせる生野菜。

そして最も驚きなのは 
半径1m26cmの球状内に立ち込める 胡麻香
母親に言われて胡麻をすり鉢で擂っていたときでも
その香りの半径は97cmであったのに!







城南区たんたんめんぞう

これが「麺」であることも忘れ 
まるで上品なスープを飲む気持ちで。
そして意表を突かれるどころか ウヒョーを突かれることになった。


舌に瞬間的にラー油の刺激。それは0.0214秒で消え去る。
次にやってくるのはゆるやかなダシ味。
舌の上で変化する味わいに仰天。
そしてあほほど胡麻い
鼻に抜ける柔らかでかつ強い胡麻香。







神松寺たんたんめんぞう

少しやわらかめ。
小麦感少。シコ味も少。だがプリツル感は多
どこでこんな麺仕入れて来やがった。

茹で段階で少し剥がれた麺の表面から
じんわり少しだけ染み込んだ胡麻汁が
ここでも香りを発揮する。


スープヒトクチ 麺ヒトススリで フワガツン。
もう後ろでキャッキャ言ってるえらくかわいらしいお嬢さん2人のことも
27%くらいしか気にならない。







福岡担々麺

なぜ生野菜?
なぜ洋野菜?
そんな俺の疑念などどうでもいい。
合う。むちゃむちゃ合う。
その温度差がむしろ気持ちいい。







DSC_5535.jpg

さらに驚きは継続。
トマトではない。
いやトマトもだ。
トマトと胡麻が合う? 
水素と酸素で水になることを発見したくらいエラい。
いや トマトじゃない。
いやトマトもなんだがトマトじゃない。

更なる驚きは 
このトマトとトマトの間に置かれた白色の半固体だ。
これは豆腐
担々麺の具が豆腐! は?
そしてこの豆腐がなんと胡麻スープに合うことか!
むしろ麺要らないとさえ思わせる豆腐の存在感。
この存在感はビッグバンベイダー新日リング初登場以来。

もう麺要らんやん!
とさえ思わせる豆腐の存在って・・・








DSC_5538.jpg

そしてこれは 誰もが思いつく。
この胡麻スープを目の前にして
全国吉瀬美智子ファンのうち9700万人が思いつくであろう行為。






DSC_5539.jpg

あぁ これを作った人に
ほかの料理も作ってほしい!
俺の「ひとつうまけりゃたいがいうまい論」はあてはまるはず!
※料理屋でひとつのメニューだけがウマイなんてことはほぼ無く、その料理人がそのセンスで作るその店の料理は一つうまけりゃ他のものもたいがいうまいという論



この人に
いろんな串焼き焼かせたらきっとうまい!
エビアボカドのタルタルとか
ごぼうサラダとか
にんにくの丸揚げとか作らせたい!








DSC_5542.jpg

この新店はどうしたことか。
この料理人はどこからやってきたのか。
不思議すぎる。







DSC_5540.jpg

たんたんめんぞう map
福岡市城南区神松寺1丁目23−37 (不定休)
詳細コチラ



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。