博多大将 - 福岡ラーメンブログ since2005

福岡・博多のラーメンを手当たり次第に食ってます。
MENU
博多区

しっかりと博多に立っている 一心軒 博多区上牟田

82340_0vrueg574uik.jpg

一心軒 map
福岡市博多区上牟田1丁目6−25

 だから いつもいつも言ってる。
 理由があるのだと。






82330_0ug647uhrejfdksjk.jpg

一心軒 残ってるねぇ!
コロナ禍も乗り超えて
原料高に見舞われながらも
しっかり残ってる!

俺が前にココ行ったのって2007年だからねw
http://hakata-taisho.biz/blog-entry-274.html

2007年ってこんな時代
第1次安倍政権じゃないか!






82331_0ui4ruihf7832jmd.jpg

醤油ラーメンだ 担々麺だ




82342_0guier78yfguwihufs.jpg

赤だ黒だと あれやこれや。
こんなの麺屋って田舎に多いよね。
なんでもかんでも引き受けます!的な。

だけどここは福岡ど真ん中。
2007年には140万ちょい超えたくらいの福岡市も
今や160万超えだからねぇ。









82343_0f4ioug4ruifhg46wuih78ruhdusj.jpg

だが俺はブレない!






82340_0vrueg574uik.jpg

醤油ラーメンだ!

断言する!
そのお店のベーシック。
そこにその店のヒミツがある!(無いかもしれんけど)







82339_0fusughuivsfnvkls.jpg

おうふ・・・ いいね・・・
このね キバって無い感じがめっちゃいい。
ガッツンゴッツンってキバり散らかしたラーメンもアレやけど
こういうスッとした普通麺も メッチャイイ!






82338_0oieur78ur738i.jpg

いや そうでもないよ。
まるまるっとした まろやかな醤油と
奥にしっかりと嫋やかに感じるダシの味わい。
いいね。いまこの歳になったからこそ解る味わい。





82337_0rusfu.jpg

あああ シナチクうまいっ
竹がこんなに好きなのは 
俺とパンダくらいのもんだぜ。









82336_0uirhsfughugfyug6738ufihsi.jpg

イレホタカナ入れてみた。
目の前に無料で在るなら試す。
なぜならば 無料だからだ!
俺のスタンスは2007年も2023年も変わらない。








82333_0ioureh78yt78fhufr.jpg

なるほど イイ!
この店の醤油ラーメンの度量の深さを感じる。

やっぱベーシックよ。
ベーシックにこそ・・・・







82341_0krehg78s.jpg

いや それに加えて
ここがこんなに残っているのは
「居心地の良さ」かもしれない。

適度に広くて 適度に狭い。
年月も経って古いんだけど それがむしろいい。
200万都市を目指す福岡の
その真ん中にふっと現れた地方。
バタバタした毎日に ほっと落ち着ける麺屋。






82332_0iuegrgf74uhfk.jpg

そんなんってさ 
どんなに意図して作ってもさ うまくいかないじゃん?
どの土地にどんな建物ならイケるのかって解んないじゃん。
建ててみて年月経ってやっと解ったりするやん?
もうそんなんて 風水とかそんなんかもしれんし
方程式では解けないよねぇ。






82329_0yf483uwg76ryehfihfs.jpg

この入母屋の造りはすごい。
いったい何段なんだ? 
よーこんなん作ったよね。

一心軒 map
福岡市博多区上牟田1丁目6−25


 


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。