福岡都市圏南部

かなで食堂-かなでしょくどう

福岡 ラーメン 春日 かなで食堂 トマト

春日市 須久南 かなで食堂

麺:細 スープ:ごっつり・・・とは言わない
価格:580円&700円 替え玉:120円  

  
 ほぅ!ならば言わせてもらおうじゃないか。


※星はあとから。


map
 
 
 
kndSy001.JPG

ずーっとずーっと行きたかったんです。
あそこにも ここにも ここにも アップされてて。

知らないお店が他のブログにアップされているとき、
私は薄目でざっとしか見ないようにしています。

ファーストインパクトを大事にしたいからです。
これはあの日にオカモト先生から勝手に伝承させていただいた極意です。





で 年賀状100枚をプリンターに仕込んで
洗濯機に 1週間分の洗濯物放り込んで回して
さぁでかけよう、場所確認しよう もしかしたらもう年末の休みかな?と検索エンジン回したら
こんな記事にぶち当たりました。




vfdhuasquggda uilagd.jpg

かなで食堂さんのブログ記事です。

そうっすか。
よろしゅうおます。
ほな 率直な意見を。
呼ばれてもいないのに召喚されたと思い込んで
ネタに食いついて家を飛び出すのは バイク乗りなら当たり前の所作。

ってか 私はいつもここに関しては「率直」な意見しか申しません。
いや マジで。





kndSy037.JPG

環状線を ハローデイの角から曲がるとすぐにありました。
春日とはいうものの ほとんど福岡市。







kndSy036.JPG

夜なのに明るい店内。
もう年末29日。
お客さんも少なくて。





kndSy002.JPG

あー どうしよう。
まずは基本のベーシックラインをいただくのが俺の流儀。
2つあると悩むんだよね。




kndSy006.JPG

メニューの裏にはアレルギーの表。
こういうのはじめて見た。
アレルギーってヤッバいんでしょ?
へたすると心臓止まるって言うしね。




kndSy004.JPG

おおおお?
なんだこの 思いっきりアトヅケな卵はwww
なんとなくかわいいぞ!





kndSy007.JPG

ランキングも上だし 今回は濃厚なほうをいただきましょう。






福岡 ラーメン 春日 かなで食堂 濃厚

さて・・・
では せっかく許しを得ているわけですから
忌憚の無い意見を いつもにも増した勢いで書かせていただきましょうかね。





kndSy009.JPG

って ちゃんとタマゴが載ってるあたりで
「あぁやっぱり載ってるんだw」

ついつい顔がほころぶわけですw





kndSy010.JPG

まずはデフォルトをと思って カタともヤワとも言わずデフォ麺。
シコい。
決してカタくはないんだけど 若干のシコ感をのこしつつ
ちょっとだけやわらかいアルデンテ。
かるい縮れが俺の好み。





kndSy011.JPG

んっ・・・




kndSy012.JPG

ん~~~~~






kndSy013.JPG

止まらんw
いいじゃん!
基本は福岡ではなく もうちょっとゴツい系。
久留米のゴツさのようでもあり北九州のゴツさのようでもあり
確かに ゴッツで濃厚。
だが豚骨香は ライト。
ダシ感はほどよく 心地よい小さく不連続な粒子感が舌で踊る。
胃に落ちれば やはりそれは濃厚であることを
感じる重量感で知ることになる。




kndSy014.JPG

タマゴもね ミドル域からちょっと濃い目に振られた味わい。
冬用セッティングが施された通勤バイクのシビアなキャブくらいに濃い目。





kndSy015.JPG

ははは 替え玉できんってw
汁無くなった。





kndSy017.JPG

だが ★★★★☆!
星4つだ!!!






kndSy018.JPG

悩まない。
シロメシもギョウザも頼まなかったのは
それなりの理由があるからだ。




kndSy019.JPG

若干のインターバルを置いて。




kndSy021.JPG

とまとんこつ!(700円)

 ※すいません この画像が撮りたかったんです。>おねぇさん




kndSy023.JPG

コンと置かれた瞬間に 
ふわぁっと舞い上がるバジルの香り。
うぉぉぉぉ!! たまらん!
そしてトマト。
温めたトマトは普段の2億倍くらいウマミを増すことを俺は知っている。




kndSy024.JPG

トマト部分を壊さぬように
麺を引き上げると 一杯目のとんこつと同じ麺。




kndSy025.JPG

トマト部分に触れないようにスープをすくうと
バジル風味は表面だけで 汁は若干のうまみ油が混ざっただけで

って当たり前なわけで トマト部分に箸を進めます。




kndSy026.JPG

ふぉう!!!
イイ! 
トマトのザク感と酸味が 麺と一緒に引きあがってくる!
そして茄子!茄子イイ!
トマトと茄子は絶対の相性なのです。
たぶん星座も同じだろうし。






kndSy028.JPG

そして 初めてとまとんこつのスープを感じて
私がすぐに行うことは





kndSy029.JPG

混ぜろ!混ぜろ!
ぐずぐずするんじゃない!





kndSy030.JPG

とんこつの特徴である軽い動物系酸味に
トマトのさわやかな野菜系酸味が合体!
バジルの香りも手伝って これは素敵。
だが濃厚豚骨の重量感はそのままなだから
爽やかなのかゴッツなのかで 胃が迷ってるw





kndSy031.JPG

なんなんだろう?この独創的なのに自然にマッチングする感覚は。
細かいチャーシューも まるでさっぱりベーコンを思わせて
ジェノバの港を思い出すぜ!(行ったこと無いけど)




kndSy032.JPG

混ぜ混ぜすれば ザクトマトは沈殿するわけで
それはまるで 寒い日の缶ポタージュの底に残ったコーンのように
僕らに最後の最後の楽しみを




kndSy033.JPG

与えてくれるわけだ!

当然の★★★★★!(だから1杯目は4つ)





kndSy034.JPG

う~~~ん 
キワモンだと思って頼んだのに
ここまでやられるとは・・・

これは カレーラーメンに似た感覚がある。
このとまとんこつは ある日ふっと思い出し
強烈に食いたくなって 我慢できず店に走る麺だ。





kndSy003.JPG

1位になる日も 近いはず。




お店ブログで「主観的に書いてほしい」とおっしゃいますので
はなはだ偏った表現で 超主観的に書かせていただきました。
ってか いつも主観ですけどねw
さらに主観で書きたいことがひとつあるんですが
それはまたいつの日にか・・・

だって また「とまとんこつ」食いにくるもんw
間違いないもんw

そのころには 「かなでビル」になってるかなぁ・・・





kndSy035.JPG

と・・・豆腐ギョウザ??
これも期待だな・・・


っつーか 「かなで」って名前付くと うまいのか? ※カナデヤ
これが福岡のNewWaveなのか?
もう店名に「長浜」は古いのか??BJM

 
関連記事

9コメント

じょに

No title

こういう時って 店主さんはすごく不安で
コレデイイノカ?コレデイイノカ?って思っていらっしゃるんだと思います。
仕事してる人間はみんなそうです。
自営・リーマンに限らず その気持ちは大事だと思うんです。
俺も忘れないようにしなきゃと思いました。

そして せっかくだから
なんか言ったほうがいいんですよね?
言います。
意見というより 要望です。


この「とまとんこつ」をベースに
ぜひ「とまとんこつカレー麺」を!!!

トマトの酸味と とんこつのダシと
そして爽やかな辛さのカレーに麺が入る。

想像しただけでも後ろ髪かきむしる思いです。
ぜひ!
 

Edit
じょに

No title

あっ。
↑上記(記事&コメント)は
ただ一介の客が 
適当なことを日記で言ってるだけですからねw
ただそれだけのスタンスです。

Edit
Orbit

No title

いつも楽しくブログを拝見しています。

天砲で替え玉しないで、かなで食堂へハシゴし、濃厚豚骨をいただきました。うまかったです。すでに2杯を完食していましたので、トマトラーメンにはたどり着きませんでした。

福岡女学院の周りにはラーメンやまもともありますし、うまい店がたくさんありますね。ちなみに大橋のカナデヤとは関係がないそうです。どちらもとてもうまい店ですが、スープは全然違いますからね。

Edit

No title

あまりの素晴らしい記事に感動して、居ても立ってもいられなくなってかなで食堂行って参りました。
とまとんこつ最高ですね。私もカレーにはホールトマトを入れるタイプなので、とまとんこつカレー麺のリクエストにはには強く同意します。
あ、豆腐と鶏の餃子美味しかったですよ。パクパク食べられそうな感じ。これもお勧めです。

Edit
じょに

No title

>>Orbitさん

 そんな食い方しちゃだめだってww
 でも3杯目でもウマイってのもすごいですねw


>>ISAYさん

 ね!これベースでカレーラーメンって
 かなりイケそじゃない?
 あー また食いたくなってきた・・・
 

Edit
春日市民

No title

このすぐ近所に住んでいます。

正直以前ここにあったお店が余り好みではなく、
入れ替わった後もあまり期待していなかったのですが、

何気にはまっていて、家に帰れば食事があるのに帰宅前につい立ち寄ることも…

横を通るといい匂いがするんですよねぇ♪

ブログ見てまた寄りたくなりました。
次はとまトンコツ試してみます☆

Edit
じょに

No title

>>春日市民さん

 もうね とまトンコツこそこの店の極みですよ。
 
 あああ 食いたい・・・
 

Edit

No title

遂に行かれましたね!
私はデフォの濃厚とんこつが一番好きですが、温かいトマトマニアのじょにさんなら、絶対、とまとんこつははまるはず、と思ってましたが、やっぱりでしたね。
良くできてますよね、見事に融合していますよね、トマトと豚骨。
しかし、いつも面白いですけど、ドンピシャの麺に当たった時のじょにさんの面白さはぶっ飛んでますよね。
「たぶん星座も同じだろうし。」とか面白過ぎです!(笑)

Edit
じょに

No title

>>かめさん

 いや 茄子とトマト。
 俺らの目前に提供されるのは
 基本的には夏のはず。
 もちろん人類の知恵である促成栽培によって
 こんな寒い時期も楽しめる野菜ではありますが
 それにしてもこれらの収穫時期は
 流通経路が同じだと仮定すれば 同じなはず。
 だけど収穫時期が同じだからとてそのことをもって
 「星座が同じ」と言い切ることは出来ず
 それ以前に作物の星座を考える場合に
 その種まきの時期を考えるべき!
 というのもこれまた早計で
 種は人間で言えば受精卵の時期にしか過ぎず
 生を受ける時点は「発芽」の時期に着目すべきなわけであるので
 ここで考慮すべきは種まきの時期とそこからの発芽の時期を合算すべきなわけですから
 その発芽時期が合えばそれは星座が同じと言っても過言ではないということになるのです。

 で どう思います?
 

Edit

コメントの投稿

0トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ADV2
SpinOff
カテゴリ
最新記事
Newest RSS
Links
最新コメント
ヨンマルファンク
ラーメン検索
ADV
gremz
ADV-n
月別アーカイブ
Inazuma Johnny
メンブリッジ大学 准教授 InazumaJohnny
2010年メンブリッジ大学卒
元メンブリッジ大准教授
RSS