博多大将 - 福岡ラーメンブログ since2005

福岡・博多のラーメンを手当たり次第に食ってます。
MENU
中央区

まるげん

福岡 中央区 平尾 博多中華そば まるげん

中央区 平尾 まるげん

麺:太 スープ:すっぱり
価格:550円 替玉:180円 豚めし:100円


 夏は魚介系かぁ?


★★★★☆

map

maruG018.JPG

いや そりゃ福岡住んで長いですから 
このお店の存在は知ってましたよ。
でもなんだか素通りしちゃって。
なんでやか?単なるタイミングですね。




maruG005.JPG

今日も今日とて暑い日でね。
ちょっとおやつ気分で一杯食おうかなと・・・




maruG012.JPG

思う矢先に そんな値札が目の前にあるわけだこれが。





maruG002.JPG

つーか豚めしって何よ?




福岡 中央区 平尾 博多中華そば まるげん 豚飯

って言ってるあいだに中華そば。
「博多中華そば」ってのの基準がよくわかりませんが
まぁそういうネーミングです。





maruG007.JPG

うん つるぷり太麺。
つるるるって入る感触が基本だけど
じゃっかんの縮れがスープを運んできて
そこにはもう魚介の香味と酸味が・・・




maruG008.JPG

ラーメンのスープは酸味命かもしんない。
それをジャストと感じるかどうかはその人次第だけど
もしくはその日の体調次第かもしんないけど
このヒトクチ目のガツンとくる酸味はインパクト大。




maruG009.JPG

薄いながらもじゅいっと味わいチャーシュー。





maruG011.JPG

豚めし。
どこのお店でもチャーシューの端っこ有効活用?に
試行錯誤をこらしてるわけだけど
これはかしわめし風豚めし。
ちょっとクドいかなぁ・・・




maruG010.JPG

海苔も乗るべき白飯が見当たらず寂しそう。
今度は白飯にしようっと。




maruG013.JPG

最初のガツン酸味はどこへやら。
口の中を酸味が包む頃にはもはや快感。
ほどよい酸味とコクダシが喉をコロコロさせます。





maruG014.JPG

暑いことも手伝って 
水汁コンボが止まりません。





maruG016.JPG

やぁっぱ長くお店が続くからには
それなりの味があるわけね。納得。





maruG003.JPG

んあっ!しまった!
擂りたて胡椒はぜったい試そうと思ってたのに!






【CM】

5syucamp.jpg

5周年祭はあと2日!

 
 
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hakata-taisho.biz/tb.php/777-0b394951
該当の記事は見つかりませんでした。